SOD従業員訴訟

会社が会社の古い在庫の一部を売却した場合、Sodの従業員は何をすべきですか?古い在庫の一部を販売した場合、残りの在庫が販売されない可能性が高くなります。これは、すべての企業が直面しなければならない悲しい現実の1つです。会社が個人やグループなどの誰かに古い在庫を販売するとき、彼らは会社に責任を負わせています。製品が販売され、誰も購入しなかった場合、当社は不足分の支払いに対して責任を負います。

Sodの従業員は、会社の経済的困難を引き起こすような行動を取る可能性があります。たとえば、Sodの従業員は、家賃や住宅ローンの支払いを怠ると、会社が建物を差し押さえる可能性があります。従業員が家賃の不履行に陥った場合、当社は法律に基づいてテナントに不履行を通知する義務があります。デフォルトの通知は通常、少なくとも5日間は建物の正面玄関に表示されます。この不履行の通知により、テナントは物件に立ち入り、当社に対して訴訟を起こす権利を有する可能性があります。

所有者は、デフォルトをレントブックから削除するように要求することにより、デフォルトに対して防御することができます。ただし、これが行われない場合、所有者は赤字全体を支払う責任があります。会社が60日間家賃を受け取っていない場合、デフォルトは解除される可能性がありますが、裁判所に相談した後でのみです。不履行テナントへの賃貸には常にリスクが伴います。

一部の企業は、法廷で「Lis pendens」のプロセスを使用することにより、デフォルト給与の処理に多くの成功を収めています。 Lis pendensでは、不履行の従業員および会社に対して訴訟が提起されています。訴訟名は集団訴訟として挿入されます。毎月の支払いはすべての従業員に分配されます。

会社は契約違反および受託者義務違反で訴えられる可能性があります。訴訟は、不法な解雇に限定されるものではなく、その他の受託者責任の違反を含む可能性があります。当社が適時に対応しなかった場合、懲罰的損害賠償責任を問われる可能性があります。債務不履行に陥った所有者は会社から強制退去させられ、従業員は会社から強制退去させられ、契約違反および/または差別を訴えることができる場合があります。

デフォルト給与の扱い方を議論するときに引用される最も一般的なケースは、いわゆるピンクのスリップです。これは、従業員が自分の障害を開示しなかった場合であり、それが従業員に経済的困難を引き起こしています。標準的な会社の方針では、通常、従業員は身体障害を開示する必要があると規定されています。従業員が障害を開示できない場合、雇用主はその情報を従業員または対象雇用主に知らせる必要があります。対象となる雇用主は、通常の賃金と障害者の率の差を従業員に補償する法的義務を負っている雇用主です。