浅宮まどか-コスプレのアイドル?

2020年4月3日に放映されたSFテレビ番組「MADOKA:RESCUE」で、あまり知られていない日本の天才、浅宮まどかの物語が有名になりました。このシリーズでは、彼女は最初の会議で美咲さやかに対抗する人物です。自分を強力な魔女に変身させます。彼女がこの強力な魔女になった経緯は時系列で語られます。

浅宮まどかは1931年に日本で生まれました。彼女は日本の農民と彼の妻の娘でした。 5歳のとき、彼女はすでに3人の兄弟と一緒に学校で魔法を練習していました。彼女は7歳のとき、地元の日本のアニメ漫画スタジオでビデオクラスに参加し始めました。このクラスの先生は、当時最も人気があり、最も面白い日本のジャンルの映画、つまりアニメに若い女の子をさらすのが好きでした。

アニメのカテゴリーはまどかにとって非常に興味深いものでした。彼女はこの芸術に非常に強い情熱を持っていました。彼女のクラスメートの1人は田井中律でした-彼女はアニメのファンでもあり、彼女と一緒にビデオクラスに参加することに興味を持っていました。他の2人の女子学生は内海香織(a)と朝倉理保子(かな)でした。

ビデオ教室を卒業後、地元の体育館で日本語のレッスンを受け始めました。ある日、彼女はミレーナという名前の仲間のダンサーに会いました。彼らは今まで話したことのないことについて会話を始めました-彼らは両方ともアニメのジャンルが好きでした。この会議の直後、彼らは交際を始め、より多くの時間を一緒に過ごしました。 3か月後、まどかは非常に悲しい別れの真っ只中にあり、別の種類のエンターテインメント、つまりアニメに目を向けることに決めました。

まどかの場合、彼女はアニメに夢中になっていることがわかった。彼女は日本語のレッスンを受けていましたが、ストーリーが弱い、またはファンサービスが多すぎると感じたアニメフィックの弱点を開発しました(ほとんどのアニメの性的なコンテンツとは対照的です)。彼女がビデオゲームを見始めたとき、彼女は彼女が彼らへの好みを開発し、彼らの中でより良い人になろうとすることに集中したことに気づきました。彼女がアニメにもっと関わるようになると、彼女は彼女が関連付けたアニメキャラクターの多くに同様の弱点を開発したことを発見しました-特に、彼女は猫の射精に大きな執着を持っていました。

浅宮まどか、またはオンラインで知られている内海まどかは、アニメコンベンションでコスプレを始めました。これらのイベントで、彼女は彼女の特徴的なワイルドヘアスタイルと、女子高生の服装からバトルギアに至るまでさまざまな種類の衣装を着ることができることで知られるようになりました。彼女がコスプレに慣れるにつれて、彼女は自分が表示しているアニメで表現しているキャラクターのタイプに合うように衣装を変えようとし続けなければならないことに気づきました。最近、彼女はオタコンや世界中の他の大会で主要なコスプレイヤーの一人としてライブパフォーマンスを行っています。