佐藤真由の経歴

日本の東京の佐藤真由は、2020年11月に立正佼成会学院セミナーを卒業しました。立正佼成会は文字通り「米の学校」を意味します。立正は、宗教のない環境で人々が仏教を学ぶことができるコミュニティを構築することを目的として、1938年に日本で設立された仏教協会です。

佐藤真由は、立正大学の学生時代、寿司など、彼女の最も大切な食事に触れました。佐藤は、奈良屋南師の監修のもと、寿司職を学び、実践しました。真由は、仙台県出身の有名な寿司屋のオーナーである山内テツの指導の下、寿司作りを学びました。彼は寿司作りの専門知識でよく知られており、寿司作りに関して多くの外国の新聞からインタビューを受けています。

佐藤真由は、奈良屋南が主催する最初の寿司屋研修会に参加しました。研修は新潟県のリゾートで実施しました。マユはインストラクターと彼らが使ったテクニックに感銘を受けました。この経験は彼女の最初の寿司レストランベンチャーへの準備をしました。彼女はレストランが提供する技術と料理の質に感銘を受け、そこで働くように割り当てられました。この経験により、彼女は他の寿司職人と仕事をする準備ができ、レストランビジネスを成功させるために必要なスキルを習得しました。

彼女が立正で最初に作ることを学んだ寿司は、黄色のマサゴ、またはマキでした。このタイプの寿司は、独特の風味と見た目で、アメリカの寿司ほど典型的ではありません。甘米に酢や日本酒、海苔やアボカドなどの緑の具材を混ぜて作ったものです。 「マサゴ」という名前は、「甘酸っぱい」という意味です。

マユは、刺身や、さまざまな魚の切り身を醤油で調理した寿司魚など、他の人気のある寿司料理の作り方を学びました。マユはまた、多くの日本の寿司料理のベースとなる天ぷら、つまりシーフードのグリルの作り方を学びました。天ぷらの作り方を教えられ、素早く作ることができ、上司に感動を与えました。彼女が作るように教えられた他の興味深い刺身料理は、海苔の漬物の一種である黒豆と、薄くてスパイシーな生の魚のケーキであるお好み焼きでした。

佐藤真由は仙台の国際エビマグロ研究所で訓練を受けました。そこで彼女はいくつかのテクニックを習得し、自分の寿司レストランでクライアントにサービスを提供するためにそれらを磨くことができました。彼女は自分の寿司屋を始めて以来、顧客と出会い、友達になる機会がたくさんありました。彼女の顧客の多くは彼女自身のレストランの顧客になり、彼らは戻ってき続けています。彼女が彼女から学んだことを尋ねられたとき、それは目に心地よく、味に心地よく、愛情を込めて調理された食べ物を作ることであると多くの人が言うでしょう。