FTCレポートの無修正リーク

連邦取引委員会のレポートの無修正のリークを探していた可能性があります。レポートが話題になっているからです。私たちは連邦取引委員会を扱っているため、これは驚くべき出来事ではありません。連邦取引委員会は、米国の消費者保護機関として機能する米国政府の連邦規制機関であり、消費者保護法を施行する義務があります。

リークに関する多くの情報を含んだレポートが約2年前にリリースされました。特に、報告書はFTCが従業員とベンダーから10万ドル以上の不適切な経費を見つけたと述べました。問題は、建設プロジェクトに取り組んでいるさまざまな従業員に無料のラップトップコンピューターを配っていた請負業者にありました。

問題は、請負業者が無料のラップトップコンピュータを配ったときに、プロジェクトで使用されていたコンピュータシステムのコンピュータソフトウェアに対して、非常に違法な活動を開始したことでした。これは非倫理的な行為であり、会社に罰金が科されたと考えられています。これは、一部のソフトウェアがコンピューターで正しく機能していない理由でもあります。

上記のように、これは間違いなく会社に対して取られる法的措置につながります。これは企業詐欺のケースだと言う人もいます。連邦取引委員会側の詐欺事件だと言う人もいます。これは、これまでメディアによって非難されてきた連邦取引委員会にとっての目玉であったことは確かです。

報告の無修正リークは、人々が自分の判断を下し、連邦取引委員会が何をしたかを理解するためのプラットフォームを提供するため、非常に役立ちます。たとえば、請負業者に罰金を科し、訴訟を起こさないという決定は、単に政治的な態度だと言う人もいます。 FTCが怖いという兆候であり、請負業者の反応を恐れているため訴訟を起こさないという人もいます。

真実は、プロジェクトに問題があったためにリークがリークされたということです。リークが一部の政治家によって出された議題の一部であり、彼らが彼ら自身の政治的利益のためのレバレッジとしてリークを使用したいという可能性もあります。リークの本当の目的は何なのかと思うだけです。多くの人々は、彼らが連邦取引委員会が何についてであり、それが何に関係しているのかについての洞察を与えるレポートの無修正の漏れを読むとき、彼らの直感にただ行くでしょう。