日本語についてのいくつかの事実

日本語は東アジアベースの言語であり、主に日本で話されており、中国、台湾、韓国、韓国に続いて2番目に広く話されています。ジャポニック言語族に属しており、韓国語や中国語を含む他のアジア言語との関係については今なお熱い議論が続いています。

日本語は、英語、韓国語、中国語など、他の東アジアの言語と多くの類似点を共有していますが、他とは一線を画す独自の機能も備えています。これらの最初の発音は発音です。これは、他の東アジア言語の発音よりも中国語またはスペイン語の発音に近いものです。その語彙は、ドイツ語、フランス語、ギリシャ語の語彙にも非常に似ています。

日本語にはいくつかの方言がありますが、標準的な方言は1つではなく、3つまたは4つの異なる方言の融合のように話します。最も一般的な方言は次のとおりです。

o漢字-これは日本の母国語です。これは標準の方言と見なされることがよくありますが、これのバリエーションを持ついくつかの方言があります。中国語の方言であるマンダリンとの密接な関係により、多くの場合、後者の言語と非常によく似ていますが、発音など、英語と多くの機能を共有しています。北海道に次いで、日本語が最も話される方言です。

o北海道-北海道、ロシア、ノルウェーで話されている方言です。近年、より洗練された日本語として人気を博しています。

日本語の3つの方言にはすべてバリエーションがありますが、基本的な特徴は同じであり、それぞれにバリエーションがあります。日本語を学びたい方は、上記の3つの方言のうち1つで十分です。

日本語を他の東アジア言語と区別するもう1つの点は、母国語はなく、2つ以上の異なる言語が混在していることです。これは、中国語やスペイン語などの他の言語に大きな影響を与えました。このため、日本語の幅広い語彙を形成するために進化した文字通り何百もの異なる単語があります。

語彙や発音はバラエティに富んでいるため、進む前に日本語をしっかりと理解することが大切です。このため、日本語の五十音、つまり日本語のアルファベットは、学習プロセスを学習する上で最も重要なツールの1つです。日本語のアルファベットを学び、その書き方を学ぶことは、単語を適切に書き、発音するのに役立ちます。

オンラインコースにアクセスすると、言語とその話し方について多くのことを学ぶことができます。あなたはそれを学ぶために知る必要があるすべてを学びます!